藤巻卓ブログ: 2010年8月アーカイブ

若気の…

前回「泣き」について書かせて頂きました。

個人的にですが「泣き」と言えばやはりギター。
そう、「泣きのギター」である!
(一応音楽の専門学校出てたりするので)

はね上げるさチョーキング!
震えるぞビブラート!!

よし!
これを仕事にも取り入れてみようじゃないか。

チョーキング!と、思いながらシェーカーを振る位置をやたら高くしてみる。

…一杯造るのに体力と時間を使い過ぎる…。

ビブラート!と思いながら、やたら細かく振ってみる。

…混ざらねぇし…下手したらアルコールがきれた人みたいに見えない事もない…。

おかしい…応用したら「泣きのカクテル」が造れると思ったのに!

と、昔そんな事を仕込みで余った時間試した事があったなぁ。
我ながら…アホですな!

託せ!(たくせ!)

「泣き」とは人を不安にさせる要素No.1かもしれない。

泣いてる人がいたら取りあえず「どうしたの?」と声をかけたくなるものである。

なんで泣いてるの?
ころんだから?
カレーが辛かったから?
三暗刻テンパったけど潰されたから?
ネコだから?

など、理由は様々だが大人になるにつれ泣いてばかりもいられない。

では、大人はいつ泣くの?
大人は泣かない(泣く時もあるけどさ)託すのだ。

世のお母さんはまな板と包丁のリズムをバッキングにして泣きたい本当の理由を何かに託しているかもしれない。

世のお父さんは真夜中に冷蔵庫半開きでハム食べながら寂しそうなその背中で語りつつ何かに託そうとしてるかもしれない。

…あれは泣ける…。

とにかく大人なら泣くな!託せ!なのである。

以上 知り合いY氏との対談にて。

手加減しろ


今日昼間にジャスコへ行った時、入口で泣きじゃくっている女の子に合いました。

取りあえず、「どうした?」と聞くと、「ママ、ママ」と連呼するばかり…。
迷子かねぇ?
と、言う訳でジャスコのお姉さん方に任せて買い物をしていたら、後ろからいきなりズボンを引っつかまれた。

もし僕が傭兵上がりだったなら裏拳をかました後素早く後ろへ廻ってチョークスリーパーしながら頭に銃を突き付け、ホールドアップ!等と言っていたかもしれない。

が、普通の人間だったため半分膝が崩されかけた程度で振り返って見ると、さっきの迷子らしき女の子が「ママいた!」と言って走り去って行った。
そりゃ良かったな。

でもなぁ、ズボン引っ張る時はもちっと手加減してくれ…公衆の面前でパンツ半分以上さらしてるぞ僕。

時には真面目な話を

企業CMで良くある赤ん坊を抱く母親の映像。

「我々は環境の事を考えてます」
「子供達の未来の事を考えてます」
と言うイメージ戦略なのは良くわかっている。

その母子が本物の親子なら良いのだが、大半はオーディションで選ばれた赤の他人同士である。

まぁ、一応大人なので、「裏切られた」とまで思わないまでも、何とも言えない疎外感を感じません?

あたかも自分の中の「母子の愛」と言う幻想が商売に利用されてしまった!
みたいな。

「感情」は資本主義から見れば「市場」の様な物なんでしょう。

少年や少女の「これから体験する事」が、現実より先にドラマや映画の中で描かれる。
ステレオタイプ化した陳腐な「喜怒哀楽」はパロディとして「笑い」の中で消費される。
そして「市場」は「さらにピュアな感情」を求めて動き出す。

と、まぁこんなサイクルが昔も今もこれからも続いて行くんでしょうねぇ。

ごくまれに真面目な事を書く藤巻でした。

ボンバイエ

帰省中何気なく点けていたテレビで何をしたかは知らないが、男性が女性に平手打ちをくらっていた。

そんな映像を見て少し考えてみました。
「平手打ち」について。

子供の頃テレビドラマの中で良く炸裂していた平手打ちを見ていたせいか、僕の中で「平手打ちの似合う女性」=「イイ女」と言う定義が出来ていた。

もしくらった男がマゾッホ系なら追い撃ちに「いくじなし!」や「えっち!」など「変態!」とか言われると喜ぶのだろう。

本当に変態だったら平手どころか拳が…いやスタンガンの電流が襲って来るやもしれませぬ。

話しがズレましたが、とにかく平手打ちとは僕の中では「闘魂注入」なのである。

「しっかりせんかい!」なのだ。

猪木と全ての女性には平手打ちをする権利がある。
が、しかし、平手打ちをする女性は少ない。

下手をすると殴り返されるこのご時世。

そのため、女性は平手打ちの後目に涙を溜めて見つめ返すと言う合わせ技が生まれた。

こうなると普通の男性はまず手をあげません。

そんなドラマツルギーが今鋭く求められているような、ないような…。

って、帰省中に何考えてたんだ僕は!!

夏時間




墓参りのため帰省した藤巻です。

田舎風景を御堪能あれ。

この一杯7


今回紹介する一杯は、夏らしく冷やしです。

「丸竹食堂」さんの
「みそ冷し中華」。

実は冷し中華をあまり好んで食べないんですが、この「みそ冷し中華」は美味しい♪

絶妙な酸味と味噌のまろやかさがベストマッチ!

夏になると必ず食べに行く一品です。

影響力


お客様からお借りした漫画本です。

内容は、フラワーショップ「罪花罰(つみかばつ)」にアルバイトとして働く少年の周りには店長を始め変態ばかり。
さてさて今回はどんな変態ワールドを繰り広げるのか!?
と、言う内容のギャグ漫画です。

店長(♂)→趣味が美少年(アルバイトの少年)へのセクハラ。

クラスメート(♂)→無類の縛られ好き。ドM。

仲間(♂)→ベジタブルコンプレックス(野菜しか愛せない)

とまぁ、こんなイタイ人達が出て来る訳ですが、ギャグ漫画だからですかねぇ?
普通に読めます。

普通に読めるんですが、影響力が強いらしく、先日お客様との会話の中で「金縛り」と言う単語が出て来た時、有刺鉄線で縛られた人を普通に想像してしまった…。

これはマズイ(笑)

応急手当講習会



本日、バーテンダー協会三条支部の事業として、消防署にて「応急手当講習会」が実施されました。

内容は
「心肺蘇生法」(人口呼吸、心臓マッサージ)
「AED取り扱い法」
「人の運び方」
など。

特にAEDは実物を使っての講習だったので非常に勉強になりました。

実際の所、AEDを使う様な場面には遭遇したくないんですけどね(笑)

新盆

新盆(にいぼん)

なにやら人が亡くなって初めて迎える盆の事をそう呼ぶらしいですね。

今年祖父が亡くなった事を知り合いと話していて
「じゃあ新盆だね」
と、言われ初めて知った言葉でした…が、その知り合いはあちら系の言葉(お兄たま、兄ぃ兄ぃ)を普通に使う人だったので、「兄ぼん」と勘違いした僕は
「新しい造語ですか?」
と、言った所
「藤巻君、それはおじいたまに対するボウトクだよ!」
等と怒られてしまった…

いつも標準語を使う人ならそんな深読みはしないのに。
と言うかボウトクですか?
それ以前にじーさんを「おじいたま」とか言ってる事はボウトクにはならないのでしょうかねぇ?

絶対の教え


やっぱり好きですね〜南フランス!

グルナッシュとカリニャン。2007。

何ヶ月ぶりでしょう、自宅(アパート)でお酒を飲んだのは…

そろそろお客様にオススメするワインを増やさなきゃ(焦)

それには、自分で飲まなきゃ解らない!

人対人。

自分で感動した物でなければ人は感動しない。

オーナー、梨木さんの言葉です。

ABOUT US

ラスティーズセカンドアクセスマップ
ラスティーズ セカンド [ Rustys Second ]
新潟県三条市本町2-5-1 ヌーベルサンク 角吾ビル1F
PHONE 0256-33-1341
営業時間 19:00~ 深夜2:00(ラストオーダー1:30)
定休日 日曜日・月曜日(お正月・GW・お盆・連休日など 営業する場合もございます)
要予約にて定休日も営業いたします。

座席 BOX 18名 カウンター 6名
パーティー・イベント貸切り有り。(いつでもご相談ください♪)